アイキャッチ画像

クライミング、ボルダリングの良書がKindleでセール中!すべて半額

現在、Amazonで開催中の「キャンプ・アウトドアに役立つ本セール」(2019年1月31日まで)でクライミングやボルダリング向けの良書が半額セールになっているので紹介したいと思います。クライミングに興味がある人はもちろん、すでに何度もやっている人まで幅広くおすすめできる本も出ています。

Kindleだと気軽に持ち運べて、しかも紙の本より安く買えるケースが増えてきました。電子書籍は本当におすすめです。詳しくは↓をどうぞ。

Amazon Kindleで登山関係の本を安く買う!持ち運びに便利でセールも多い

2018.11.17

クライミングを理論的に捉えたい人向けの良書「スポーツクライミング教本」

Amazon のレビューでもとにかく評価の高い「スポーツクライミング教本」は、完全な初心者というよりはクライミングを実際にしている人でボルダリングであれば4〜5級以下、リードであれば5.11a以下を登っているような人には特にオススメの内容です。

力任せに登っているだけでは登れない課題、完登できない課題が増えてくるのがこれぐらいのクラスだと思いますが、どのように登るべきか、どのような登り方をしているとどこに負担がかかっているのかなど、クライミングに関する力学が分かります。「壁になるべく体を近づけるのが良い」ということは良く言われることだと思いますが、どの程度指にかかる負担が変わるのかもこれを読めば数字としても分かってきます。

多くのクライミング関係の書籍は「こういう動きがあります」「この状況ではこのムーブを使いましょう」といった感じの内容が多いかと思います。スポーツクライミング教本は、「なぜこのムーブを使うのか」をちゃんと解説してくれています。まずは頭で理解したいタイプには一番おすすめできる本だと思います。

ちなみに、理論的な内容とはいえ、図解も多いので、単に詳細なクライミングの解説書を求めている人にもマッチしていると思います。

クライミング教本のフックのページ

例えば、フックで壁から剥がされないようにするための説明も具体的な計算を含め書かれています。また、図解も分かりやすく、このような力が働いているからここを押さえるといった流れもつかみやすいように思います。

日本人初の国際ルートセッターにしてスポーツクライミング技術理論の第一人者、東秀磯氏によるスポーツクライミング教本。これまでの初・中級者を対象にした技術書をさらに詳しく、一手上をめざすために必要な情報と技術理論を盛り込んで詳しく解説。

入門書として一通りの知識を得るなら「インドア・ボルダリング練習帖」

ボルダリングやクライミングで必要なムーブを一通り把握したり、どのように登れるようになっていくのかといった基本的なことを学ぶのに良いのが「インドア・ボルダリング練習帖」です。著名なクライマーである著者がひとつひとつのムーブを写真付きでどのように動くのか、コツは何なのかということが分かりやすく説明されています。

理論的な説明よりも写真で分かりやすく説明されている方が良いという方にはオススメです。少なくともうまい人はどう動いているのかが分かります。

インドアボルダリングの超基本から上達するためのトレーニング方法までまとめました。 「ボルダリングってなに?」という未経験者から、「もっともっとうまくなりたい! 」という中級ボルダラーまで、 ムーブ(登り方)やトレーニング、ストレッチ、ボディケアなど、ほしい情報が満載の一冊です。

はじめてみたいと思っている人には「山登りABC ボルダリング入門」

まだクライミングやボルダリングに興味があるという段階であれば、「山登りABC ボルダリング入門」は入門書としておすすめです。価格的にもお手頃で130ページと短く、さっと読むことができます。

初中級者向けのボルダリングのハウツーブック!インドアジムや外岩で、基本的なムーブを確認するために便利なポケットサイズです。
岩場での身のこなしをマスターし、山登りをステップアップさせたい方、街で楽しむ新しスポーツを始めたい方、ボルダリングを始めましょう!インドアでもアウトドアでも人気のクライミングジャンル「ボルダリング」に絞った入門書。基本的なムーブのハウツーがメイン。

外岩用のトポもセール中

あまりセールでみかけない「日本ボルダリングエリア」の上下巻もセール中です。外岩も登る人であればこの機会に入手しておくのも良いと思います。

ついに出た!全国版ボルダリング専用トポの第1弾! 北海道から中部までを収録! 日本中にボルダリング専用ジムができ、いまや岩登りといえばボルダリングが主流となっています。この本は『フリークライミング 日本100岩場』をベースに、雑誌『ROCK&SNOW』に掲載した新しいエリアの情報を盛り込み、北海道、東北、関東、中部のエリアをボルダリング専門書として再編集しています。
日本中にボルダリング専用ジムができ、いまや岩登りといえばボルダリングが主流となっています。この本では『フリークライミング日本100岩場』をベースに、近年『ROCK&SNOW』に掲載した最新情報を盛り込み、東海、関西、中国、四国、九州のエリアを再編集しています。紹介エリアは、城ヶ崎、豊田、恵那、蓬莱、ふくべ、楯ヶ崎、笠置、金峰山、北山公園、ほか。

年に数回はセールが開催されています

今回のKindleセールでは、クライミングやボルダリング向けの良書が出ていましたが、これらの本は年に数回はセールになる傾向があります。今回見逃したとしても、数ヶ月後にはまたセールということもよくあります。見逃した方で、急いでいない場合には次のセールを待っても良いかもしれません。

目安としては山の日の前後と年末年始付近が山やクライミング関係の本のセールが多く、その他の時期は不定期に開催されています。一番のおすすめのクライミング教本は何度か日替わりセールにも挙げられているので日替わりセールを注目しておいても良いかもしれません。

気に入ったら "いいね!" をしてください。
最新記事が届きます。

Twitter で

コメントする

メールアドレスは公開されません。