晩秋の有明山/有明荘分岐から四合目石標まで

230

再生時間イベント
00:02:11梯子・ロープ
00:04:20ロープが頻繁に見られる
00:38:33四合目石標に到着
標準コースタイム 0:50実測タイム 0:40 80% [ + 0:10 ]

有明荘分岐から四合目石標まで

分岐からすぐ急登がはじまる。そこまで長くはないが、20分程度はものすごい急登を進むこととなる。急登部分はロープがあるため、比較的安全に上がれるが、下りが不安になるぐらいの斜度だ。一歩一歩も大きくさせられるところが少なくないためつらい。道も大部分は細く、休憩適地もないため、ゆっくり自分のペースで登らないとこの先がつらい。登山道自体はつらいが、樹林帯は美しい。時折現れる苔の地帯や木の密集地帯などは樹林帯ならではの美しさだ。

気に入ったら "いいね!" をしてください。
最新記事が届きます。

Twitter で
カテゴリ タグ

コメントする

メールアドレスは公開されません。