冬の御嶽山・飛騨頂上/濁河温泉登山口から湯の花峠へ

172

再生時間イベント
00:00:25看板
00:00:31橋が所々に見られる
00:01:52鳥居
00:02:28道標
00:02:33階段が頻繁に見られる
00:02:58御嶽山飛騨口里宮
00:03:30道標
00:06:42道標
00:11:56仙人滝の標
00:15:39大きな橋
00:16:19道標
00:29:38注意看板
00:30:45七合目の碑
00:43:55道標
00:47:00湯の花峠に到着
標準コースタイム 1:10実測タイム 0:50 71% [ + 0:20 ]

濁河温泉登山口から湯の花峠へ

冬は人があまり入らない御嶽山。記録も少ないため、不安が残るものの、とりあえず登り始めることにした。剣ヶ峰までは登ることはできないが、北側は火山警戒地域から外れているため、順調に行けば摩利支天山まで登れるはずである。信仰の山ということもあり、神社からはじまり、参道のような道を登り始める。道標は多く、樹林帯は踏み跡も多いため、特に不安もなく登ることができる。色の濃い木々と雪の白さが作り出すモノクロのような景色が美しい。緩やかな登りからはじまるのは助かる。

気に入ったら "いいね!" をしてください。
最新記事が届きます。

Twitter で
カテゴリ タグ

コメントする

メールアドレスは公開されません。